すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

松ちゃん浜ちゃん

僕は小学生のいつだったか忘れたが夕方4時に家に必ず
居るようになった。
「自称ダウンタウンを昔から知ってる」人は
大阪ローカル時代の4時ですよ~だを観たか観てないかだけの差。

この頃には関西では4時になると若者が街から消えると
言われとっくの昔に超売れっ子になっていた。

だからダウンタウンを大阪時代から知っているという人は
そんなもん関西人やったら誰だってや!となる。

きしょい。

随分久しくテレビを観ていないが、
Yahooで「松ちゃん芸人に金貸す」と報道された。

支那の疫病が流行り、自粛が全国を覆い、
芸人が客を集めて漫談をするなんざキチガイ沙汰と
言われ、食うに困った芸人がバイトをしようにも
飲食店は閉まるし、原付の免許すら持っていない芸人が
すぐに働ける場所を"探すのが難しい"状態となった。

働き口はいくらでもあるが、見つけるノウハウがない人間や、
どこかアカンたれだから芸能の道に入った者に
職場がすぐに提供されると考える方が難しい。

松ちゃんは金を工面してやるといって実際に何十億と用意して
貸し付けているようだ。松ちゃんは明るい家庭の貧乏人が出自だから、
お金の使い道もあんまりわからないようだ。
だからもう食えない芸人にあげているとしか思えない。

だけどね、超リッチマンからだから良いかと思って借りる奴は
もう終わってる。

松ちゃんはそれをわかって貸していると思う。
俺から借りるなら芸人やめるということやからな、
これを機に決断せえよと。

一方の浜ちゃん、偉いじいちゃんになってた。
何やら出前をする店を集めたスマホのサイトか何かの
宣伝もかねて、浜ちゃんは飯食え金は俺が払ったると
いうことらしい。
浜ちゃんは確か母子家庭か何かで松ちゃんとは違って
暗い貧乏人(本当の貧困)だったから食べ物を与えると、、、
こういうのをほどこしと言う。

これも西成の炊き出しに並ぶ乞食のごとく、
働ける身体、精神状態であるにも関わらず、
誰かからもらった物を食うた瞬間に人生は閉店ガラガラだ。

みーんなそれが嫌だから、人間としての誇りを失いたくないから、
這いつくばってでも働いて自分で飯を食う。腹いっぱい子供に食わせて
次につなげようとする。

権利だなんだと生活保護に群がる奴、働いたら負け、
懸命に働くは愚か者だと自分自身の体たらくを正当化したいだけの
乞食が全国に何百万といようとも、寒い日も暑い日も働く者がほとんどなのは、
すべては自尊のため。それを失うともはや生きている意味がわからなくなると
どこかで知っているから。

給付金がどうとか雇用調整の日額が上がったとか
現実問題として今を生きるには必要な話かもしれない。

しかしそれを機に失速してしまうぐらいなら、
いっそのこと一旦こけてしまった方が良い。

こけたらもう1回立ち上がるのか、そのままで誰かに
手を貸してもらって起きるのか、倒れたまま死ぬのか
はっきりする。

アジアに何億といる難民じゃあるまいし、
この国で働き口がないとは言わせない。

屁理屈ばかりこねる奴は
とどのつまりはチンピラか売春婦が性根だとしか思えない。
生きるためなら働け。

国営の愚かさ

公務員が馬鹿だと言ってるんじゃない。
むしろトップと言われるキャリア官僚というのは
大抵学生時代からほぼ満点で、ルールを守り、
慣習を重んじ地道にやってきたから今がある。
そういう人を軽んじてはならない。

但し、国営、市営、第三セクター、、、
どれを取っても公が噛んでうまくいった、いっている
商売を僕は知らない。

商売という"どキツい"ものからこぼれ落ちたものを
拾う役割というのが公務員の仕事だと思う。

何かというと給料が保証されている、身分生涯、、、

,,,,というなら勉強して難関試験を突破し、
公務員になったらよかっただけの話。

法律を犯せば捕まるのは同じ、三度飯を食わないと
腹が減るもの同じ、家に帰ったら父親や母親になるのも同じ。

公務員だけ何やら特別な免罪符を持っているわけじゃない。

つまり、立ち位置や役割がそもそも違うんだと言いたい。

しかし、先述した通り商売が成り立つような
ことを公営がやるとひずむ。

反対に無理やり民営化しても
かんぽなんちゃらのように
無茶なことをしでかす。

今はほとんど機会がなくなってきたが、
大阪市の地下鉄をよく利用した。
無くてはならない交通インフラだ。

市営から民営化されたらあっという間に
梅田駅は綺麗になり、至る所のトイレも
ラッシュ時を除けば異臭がそのまま放置されるなんて
ことはない。駅構内もどんどん良くなった。
利用者なら誰だって知っている話だ。

公営ではどうにもならないことがある。
民間に任せては銭儲け全開になるのでこれもまた
フォローいる。
相互補完なんだからうまいこと調整したらいいし、
そういう役割、手順の明確化できたら官民は両方同時に上昇する。
どちらかが一方を否定したり、ないがしろにするから破綻する。

実は機能している

現政権に対して「スピード感のなさ」は否定できない。

但し、「日本はやっぱり凄い」というのを僕は実感している。

もう少し経ってから書こうと思ったが、もういいや。

僕は12月中旬に台湾へ行った。半分旅行で半分仕事だ。
今から思えばその頃から台湾は何だかおかしな病気が
中国から来ているようだというのをキャッチしていたと
思われる。

名前は伏せるがとあるIT企業が直近で大変なことが
起きようとも我が社は対応できる、国からの支援もある
ということを言っていた。

台湾は福建省の沿岸にずらっと並べられたミサイルと
常に対峙しているし、サイバー攻撃雨あられと受けている、
だからお前ら日本人とは違うんだという事か?
えらい上から目線で ものを言いよるな?
ぐらいに思っていた。

これが肺炎騒ぎになるとは思いもしなかったが、
問題は帰国後、日本がどういう行動を取ったかだ。

1月下旬には報道ベースで武漢肺炎のニュースが飛ぶようになり、
僕の所に国内のXX衛生局から直接連絡があり、
台湾へ渡航したのは知っている、どこへ行ったかも把握している、
体調はどうだ?と要約すればこれを聞いてきた。

日本は他国と比べて随分遅れているなんなんだ?と言われているが、
即応体制は整っている。それを活かせないのか、しないのか不思議だが、
舐めては駄目な組織プレスがこの国にはある。

カスみたいな報道で「へなちょこニッポン」かのような印象を受けるが、
そんなことでは世界で実質ナンバー2の経済大国が存在するはずがない。
ただ危機意識は薄い。

これに対して台湾はえげつないほど危機管理能力が高い。
これが大国と正面切って喧嘩を受ける覚悟がある国かと思う。

後は実質国を壊滅させることもできるサイバー攻撃への対処も早い。

前にも書いたが、そうならざるを得ない周りがとにかく敵だらけの
イスラエルエストニア、台湾は血の代償の大きさを知っている。

それがサイバー空間へ移動するとなぜか「日本は大丈夫!」とか
「ウチは関係ない!」と言って、穴だらけの欠陥品であるZoomというテレビ会議システムや、
文字や音声のやり取りだけでなく、今やスマホに入っていない端末を見つける方が
難しいLINEに金を入れるような真似(paypay, LINEpay)をし、それで決済をしている。。

ペテン禿と付き合ってはいけない。

付き合っている女性と月へ行きたいとか言っている奴と
口をきいたり、言っていることに耳を傾けてはいけない。

「超金持ちだけど詐欺師である」人間とは本来目すら合わせてはならない。

おもしろきこともなき世をおもしろく

ただひたすら辛抱を強いている商売人の
方々は「そんな余裕はない」とおっしゃるだろう。

その通りだ。実態として商売ができないというのは
体に必要な血液が循環しないということだ。

給付や緊急融資で輸血しても自分で動かない限り死ぬ。

昨日の発表で5月末まではもたないと見切りをつけて
商売をたたむ人は多いだろう。
計り知れない経済損失は向こう1年~3年、予想がつかない。

しかし待って欲しい。経済を横から見てる僕は、
例えば飲食業は新規参入者が100人いたとして半年後に
残るのは30人、3年後には10人以下、5年後に至っては3人いるかどうか
という数値を知っている。つまり飲食業では「97%が5年以内に何らかの
形で失敗した状態」になる。あくまで統計値だし、地域差や
新規参入と言っても一括りにできない。また失敗したとしても
そのまま死に絶える人は少ない、何らかの形で再起する。

何が言いたいか?

今を乗り切る術を何が何でも見つけて次に備えるしか方法はない。
それは次の世代にバトンをつなげるためだ。それしか生きている意味はない。

政府がどうたら、自治体がうんたらというのと
並行して生きる術を見つけない限り確実に死んでしまう。
テレビを今すぐ消し、もがくしかない気がする。

税金を投入しろ、財政は破綻しない、この時の為に福祉が、、、
こういう意見を僕は否定はしない。

ただそれは限定されたごく短期間の今を乗り切る手であり、そんな糸に
しがみついてもいずれそれは根本からプチン切れる。
僕ら40代前半は今より随分マシな状態であると思しき
オイルショック以降の就職氷河期」や
「いわゆるリーマンショック」を経験した。
そこでは弱き者がさらに上から潰される様を嫌というほど見て来た。

ロストジェネレーション世代とはそういうもんだ。
正規雇用が全体の3分の2まで数値を上げ、
ニートを量産した。年代別所得水準もかなり低い。

それを見た下の世代はゆとりださとりだと散々な言われ方をしながらも
図太く生き抜いている。こんな統計は年代別/地域別所得税額一覧を
見たらあっという間にわかる。

どこの元政治家や経済学者、有名人が何を言うとも、そういうことは本質ではない。
また月給が1円も減らない人は(僕も今はそうだけど)正直言って、実感できる!という
状態とはほど遠い。

家賃を猶予!言うのは簡単だ。しかしほとんどの家主は借金をして貸すための
部屋を買っている。家賃だけが特例で伸ばされたら家主はほぼ全員首をくくる羽目になる。
部分最適をつなげると全部の辻褄が合わなくなる。合成の誤謬だ。

・経営は借金が必要
・資本金は借金ができる額であり社会的信用数値
・返さなくて良い借金がある

ぜーんぶ適当だ。数値をいじくり回してわかった振りして何も説明できていない。
自称頭が良い人、今だけ何とか乗り切ってお金持ちになることが出来ている人、、、

そう信じないとやっていけないのはわかるが、嘘を吹聴するのは止めて頂きたい。

借金がある家、家は大きいけど借入が多い家庭、踏み倒せる金があると思っている父親、
残された親族が迷惑する。清算しないといけないからだ。

だから働く準備である未成年への教育を現在ストップさせている状況が一番の危機である。
どんな手を使ってでも良いから子供たちに教育を受ける機会を与えて欲しい。
9月入学が良いなら制度をえいっ!と曲げてそうして欲しい。
それが出来ないなら僕は本当に明日から生きる希望が無くなる。
子供が居るとか居ないとか関係ない。次世代を考えられない人は今を大事に生きていない。
生物としての根本が欠落しているからだ。

この期に及んで

人前で煙草を吸うな。

具体的にはコンビニの前の灰皿で
プカプカ吸うな。誰が喫煙場所だと決めた?

正直な所、煙草と肺がんの因果関係は立証されていない。
呼吸器の専門医に聞いても「そんなもんだけで癌だとわかるなら
苦労しない」という。

一方で肺がん以外の呼吸器疾患には「大いに関係がある」。
肺の組織は壊れるし、肺活量が極めて低くなる、
最悪、酸素ボンベをガラガラ引いて歩くいわゆるCOPDになる。

ただ堂々と国が認めて売っているものだ。

だから吸いたい人は自分の家で吸ってくれ。
同居人がいるならその人たちに迷惑をかけて吸ってくれ。

そして同居人が受動喫煙のため、呼吸器に何らかの疾患が出て、
のたうち回る苦しさが出た場合、「己のせいでそうなった」と
悔やんで欲しい。

そうしたら、身勝手にコンビニの前で吸うなんてことが
いかに愚かで卑怯で迷惑以外の何物でもないと中には
気づく人がいるはずだ。

百害あって一利なし。
昔はどうたら、喫煙にも権利がうんたら、
うるさい!

詐欺師の判別法

結論:ない
誰でも被害に遭う可能性がある。

詐欺師は自分自身でも訳が分からなくなるらしい。

詐欺師が詐欺師たる由縁は、
時折、何だか説得力があるかのように見えてしまうことだ。

奴らは所々否定しようがない、あるいはできない「事実」を言う、
加えて「XXによると」という権力者や著名な人の意見を引っ張り出し、
情報の確かさをアピールしてくる。
これに引っかかるとまるで「全体が本当のこと」になってしまう。
聞いている方も言っている本人も陶酔する。

悪夢はこの時点から現実になる。

緊急時に本性を見抜く

支那の疫病騒ぎは必ず「大変だったねー」という時が来る。

しかし今回のような緊急事態宣言が全国に出され、
「街から人が居なくなった」ような状態は今までに経験したことがない。

支那にどう責任を取らせるかとか、今の政府のあり方はどうなのかとか
一般人がどうこう言った所ですぐにはどうにもならないことより、
「今、優先すべきことは何か」を考える必要がある。

ただこういう状況下で見ておき、心に留めるべきは、
「自分が働いている会社はどういう動きを取ったか」
「自分の近所の住民や商売人がいかようにふるまったか」
こういう身近なことだ。

現在、不満があろうと動くのは拙速だ。
状況が悪い。

しかしついこの間まで「人不足で、、」と言っていた
のに、急に首切りを平然とやるとか、
社会的に「活動は自粛せよ、在宅勤務を奨励」と言っているのに、
そんなことうちには関係ないとか言っている下衆を選別するには
いい機会だ。

便乗していい加減なことをやる人は組織内にいる。
会社として云々もあるが究極は自分を律することができるかどうかが
行動にあらわれている。

ここで信用して良い人、距離を置くべき人、近寄られると逃げないといけない人、
確実に区別できる。何をどうやっても覆らないこういった評価がされると思えば、
自身の行動規範を見直すことができる。