りゅうかんさまの絵日記

メモ代わりの日記です

弁護士は食えないは嘘

ロースクールができて司法試験の
ハードルが実質下がった。

裁判官や検察官はなる人数が毎年決まっているので、
必然的に弁護士の数が多くなる。

すると弁護士の供給過剰となり、
弁護士はこれから食えなくなる、
そもそも士業が苦しいと「取ってもない人」が
データだけを見てあれこれ言っている。

実態はこうだ。

弁護士というバッチだけで食える時代はすでに終わっている。
競争原理が働くようになったからだ。


たったこれだけである。
弁護士の大体5分の2ぐらいは年収ベースだと1000万円以上となる。
1000万円が多いか少ないかはそれぞれの基準だし、労働時間から
すると僕は決して多いとは思えないが、平均賃金からすると
多いし、国民の大多数は1000万円なんてもらってないから高給取り
と言ってもよいと思う。

ただ、5分の2だと言った。
残りの5分の3はどうかとなると大体だが、400万~500万の間だ。

これはロースクールを出て司法試験に合格し、
何とか就職先を見つけたらどこかの事務所に入り一人前を目指すが、
そこの給料が大体400万程度、月給40万もらえると良い方なので
500万となる。

これはいくらなんでも少ないのではないか?と思うかもしれないが、
司法試験に通ったというだけで、全くの実務経験はゼロである。
当たり前と言えば当たり前だ。いきなり400万ももらえる新卒者や
業界を変えた転職者は居ない。それを考えればもらい過ぎと言ってもよい。

ただ現実問題、キャリアチェンジ組だと嫁さんや子供がいると
400万では恐らく今までの生活レベルを考えると大分落とさないといけないので、
もの凄く厳しいと思う。生活レベルは落とせないというのが現実だからだ。

リストラに遭った、会社が倒産したとかだと家も売り、車も売り、
というのを聞かないこともないが、そんなことではなく、
弁護士になったという世間体もあり、家を売るなんてできない。
ローンの支払いは苦しいし、子供の学費も段々払えない。
ローンプラス借り入れをすることになる。
奥さんも隣町に行って何やら働き出す。

だからこの状態をみて、裕福ではないと言えても、
食えないというのは嘘だというのがわかる。

そして悲しいかな能力差が歴然となるので、
弁護士事務所へ行ってもあまりぱっとしないとくびになる。

独立することになるが、パッとしない人が独立したって
パッとしないままだ。ここまで来ると本当に生活を全部見直さないと
苦しい。食えなくなるかもしれない。

弁護士は何でもありになり、司法書士業務や税理士業務、果ては行政書士
業務までやり出すのではないか?とこれも神話に近い話がある。

それぞれの職種はすることが違うので、いきなり弁護士が来ても
まず何もできない。そして司法試験より格下と思っていた士業の
方たちにまあ無茶苦茶言われるとプライドがずたずたになりもたない。

実態はこういうことだ。わざわざ調べなくても国選弁護人なんて
昔は鼻つまみにしていたものに列をなして並んでいるのを見ると
ああと思ってしまう。

そういう意味で賢いだけでなく、恥も外聞もない営業出身者か、
商才に元々長けていたり、嗅覚が鋭い人が仕事を片っ端から取っていく
という競争が始まっただけだ。

グラッドストーン奏法で別に良い

今年はストロークの見直しをすると宣言した。

他にすることで大きな山があるが、難関な山へチャレンジしつつ、
時には体を休め、缶詰などを食べる必要がある。

追い込み時期にはスティックは握れないが、
それまでは勉強の合間にちょっとドラムを叩くというのを
習慣づけたい。



さて、本題。

様々なプロのストロークYou tubeなどを中心にみた。
習っているN先生もスティックワークはどうしておられるか?と
直接尋ねたこともある。

特に意識をされている感じには見えない。
ただ分類するとグラッドストーンで間違いないと思う。
たまにレッスン前に個人練習で乗りに乗っておられる時を
見かけるがそりゃもう凄まじい。

加えて、日本人のトップドラマーでもモーラーらしき動きを
取り入れているのはポンタさんぐらいで、昔からおっしゃっている
「八の字打法」は、えいっと分けるとモーラーだと思う。
ただこの方は独自の打法だので名づけるならポンタ打ちだと思う。

神保さんもそうだし、
Dave Weckleもモーラーを解説している割にはプレイは
もろにそうかと言えば違うと思う。


超人的なヴェニー・カリウタもグラッドだと思う。

ジョジョ・メイヤーが恐らくモーラー(完全ではないような、、、)でプレイし、
グルーブ感もよく、世界に引っ張りだこの売れっ子ドラマーかなと感じている。

モーラーはそしたら一体何なんだ?というのが疑問で、
起源は兵隊を鼓舞するための鼓笛隊で大きな音で長時間叩き続ける必要があるので、
この奏法が自然とできた、それを体系化したのがモーラーさんだと理解している。

練習しながらもなんとか早く思い通りに打ちたいので
一番合った練習方法や理屈を模索していたが、
結構(80%ぐらい)解決してくれた人がいた。

山北弘一さんだ。

この人がプレイする、BURNは僕はかっこ良くないと思って聞いたが、
モーラーとグラッドの違いについての解説は「ほー」と思い府に落ちた。


モーラー奏法とグラッドストーン奏法



しかし、モーラーでのプレイはこの方の音楽性もあるが、
「はっきりいっていまいち」に僕は感じた。
こんな早く叩けないけど。


BURNをモーラー奏法で叩いてみた

買ってはいけないドラム

ヤマハがとんでもないドラムを出した。

Stage Custom Birch Bop‒Kit - ドラムセット - ヤマハ株式会社

Stage Custom Birch Bop‒Kit

バーチを使用しているが、プロが叩いても、
素人がレビューしているのを聞いてもなんじゃ?これ?と
いう音しかしない。

TAMAのJAZZKitはかなりすぐれた音がしていて、



TAMA Silverstar Jazz Ltd.


多分ステージでも十分使えそう。

しかし、、、

Stage Custom Birch Bop‒Kit は何なんだと。。。



Yamaha Stage Custom Bop Kit

川口千里さんが一生懸命叩いているし、そばで菅沼孝三さんが写真を撮っているけど、
全然イエイじゃない。

好みもあるだろうけど、、、許せない楽器をリリースしたもんだ。

Ponta Box

う~ん。

この頃のポンタさんは凄いな。

日本代表でセンターに居た人って感じと
オーラが凄まじい。



村上"ポンタ"秀一 PONTA BOX 東京FMホール

ストロークを見直し

今年は抜本的にやろうと思っています。

今までの変な癖もできることも一旦置き、
奏法を見直そうと。


モーラーやゴスペルチョップスなども
どうかと思いましたが、
多分僕が一番カッコいいと思っているのが
仙波師匠のストロークです。

東洋人に合っており、これを手に入れると
大きな変革になるんじゃないかと確信しています。


仙波清彦ドラム・ソロ~ 教則DVD「ストローク完全攻略」Digest

ゴスペルチョップス

もはやサーカスの域にまで達している
今のドラムテクニックはモーラー
ゴスペルチョップスの要素を取り入れているものが多い。

ゴスペル チョップ ?なんじゃ?

これは元々はゴスペルという言葉から推測されるように
教会が語源としてある。


教会には貧しくて楽器が買えない主に黒人層に対し、
無料で場所と楽器を提供し、先に学んだ者たちが
後世に伝えていく伝統があるという。

しかし、そのテクニックがあまりにも凄まじく、
今やゴスペルチョップスとして広く認知されるように
なり、その動きやテクニック一般化し、奏法の一つとして
世に知れ渡るようになった。

僕はこの叩き方や動き自体にかっこよさは感じないが、
凄まじさは良く分かる。

とにかく男女問わず極めた人は「えげつない」の一言に尽きる。

やりたい放題やっているのが、こういった感じだ。


DW Factory Gospel Drum Summit: Cora Coleman - Nisan Stewart - Gerald Heyward - Aaron Spears



永遠この調子だと
ちょっと不気味だ。

村石さんか、カースケさんか

最近は生演奏がバックの歌番組は減ったが、
それでもたまにテレビをつけるとFNS歌謡祭みたいなもので、
演奏をバックに歌手が歌う場合がある。

その場合、やはり目が行くのはドラマーが誰か?という点である。

僕が中学生や高校生の時はポンタさん、青山純さん、
山木秀夫さんが多かった。沼澤さんも時々やってたかな。

今はもう村石雅行さんか河村カースケさんが圧倒的に多い。
村石さんなんてやり過ぎて、明らかにリハ不足ちゃうかなー、
この人にしては「はまってないな」と思う事もある。

村石さんは東京芸大という超難関大学を卒業するまでに
既にプロ活動をしていたので、その時にポンタさんから
コースターを渡され、裏に名前と連絡先を書けと言われたらしい。
これからはお前が中心になって引っ張ることになるだろうからと。

プロの目は凄い。その通りになった。
後はカースケさん。この人もしょっちゅう見る。
テレビをじっとあまり見ない僕が見ると言うことは
相当頻度が高いと言う事だ。

あの長髪で、独特のセットをみればすぐにわかる。

村石さんや、カースケさんは本当にドラムがかっこいいので、
誰これ?と思ったら、カースケさん、村石さんが多い。



カースケさん



教則DVD 『河村"カースケ"智康 Kaasuke Plays Drums』Digest



村石さん


クローズアップ村石雅行 プロの現場 密着365日【ダイジェスト】



【TASCAM US-16x08】村石 雅行さんによるデモ音源 制作記ショートバージョン【SONAR PLATINUM】



う~ん、かっこいいね。