りゅうかんさまの絵日記

メモ代わりの日記です

ゴスペルチョップス

もはやサーカスの域にまで達している
今のドラムテクニックはモーラー
ゴスペルチョップスの要素を取り入れているものが多い。

ゴスペル チョップ ?なんじゃ?

これは元々はゴスペルという言葉から推測されるように
教会が語源としてある。


教会には貧しくて楽器が買えない主に黒人層に対し、
無料で場所と楽器を提供し、先に学んだ者たちが
後世に伝えていく伝統があるという。

しかし、そのテクニックがあまりにも凄まじく、
今やゴスペルチョップスとして広く認知されるように
なり、その動きやテクニック一般化し、奏法の一つとして
世に知れ渡るようになった。

僕はこの叩き方や動き自体にかっこよさは感じないが、
凄まじさは良く分かる。

とにかく男女問わず極めた人は「えげつない」の一言に尽きる。

やりたい放題やっているのが、こういった感じだ。


DW Factory Gospel Drum Summit: Cora Coleman - Nisan Stewart - Gerald Heyward - Aaron Spears



永遠この調子だと
ちょっと不気味だ。