りゅうかんさまの絵日記

メモ代わりの日記です

グラッドストーン奏法で別に良い

今年はストロークの見直しをすると宣言した。

他にすることで大きな山があるが、難関な山へチャレンジしつつ、
時には体を休め、缶詰などを食べる必要がある。

追い込み時期にはスティックは握れないが、
それまでは勉強の合間にちょっとドラムを叩くというのを
習慣づけたい。



さて、本題。

様々なプロのストロークYou tubeなどを中心にみた。
習っているN先生もスティックワークはどうしておられるか?と
直接尋ねたこともある。

特に意識をされている感じには見えない。
ただ分類するとグラッドストーンで間違いないと思う。
たまにレッスン前に個人練習で乗りに乗っておられる時を
見かけるがそりゃもう凄まじい。

加えて、日本人のトップドラマーでもモーラーらしき動きを
取り入れているのはポンタさんぐらいで、昔からおっしゃっている
「八の字打法」は、えいっと分けるとモーラーだと思う。
ただこの方は独自の打法だので名づけるならポンタ打ちだと思う。

神保さんもそうだし、
Dave Weckleもモーラーを解説している割にはプレイは
もろにそうかと言えば違うと思う。


超人的なヴェニー・カリウタもグラッドだと思う。

ジョジョ・メイヤーが恐らくモーラー(完全ではないような、、、)でプレイし、
グルーブ感もよく、世界に引っ張りだこの売れっ子ドラマーかなと感じている。

モーラーはそしたら一体何なんだ?というのが疑問で、
起源は兵隊を鼓舞するための鼓笛隊で大きな音で長時間叩き続ける必要があるので、
この奏法が自然とできた、それを体系化したのがモーラーさんだと理解している。

練習しながらもなんとか早く思い通りに打ちたいので
一番合った練習方法や理屈を模索していたが、
結構(80%ぐらい)解決してくれた人がいた。

山北弘一さんだ。

この人がプレイする、BURNは僕はかっこ良くないと思って聞いたが、
モーラーとグラッドの違いについての解説は「ほー」と思い府に落ちた。


モーラー奏法とグラッドストーン奏法



しかし、モーラーでのプレイはこの方の音楽性もあるが、
「はっきりいっていまいち」に僕は感じた。
こんな早く叩けないけど。


BURNをモーラー奏法で叩いてみた