読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りゅうかんさまの絵日記

メモ代わりの日記です

弁護士は食えないは嘘

ロースクールができて司法試験の
ハードルが実質下がった。

裁判官や検察官はなる人数が毎年決まっているので、
必然的に弁護士の数が多くなる。

すると弁護士の供給過剰となり、
弁護士はこれから食えなくなる、
そもそも士業が苦しいと「取ってもない人」が
データだけを見てあれこれ言っている。

実態はこうだ。

弁護士というバッチだけで食える時代はすでに終わっている。
競争原理が働くようになったからだ。


たったこれだけである。
弁護士の大体5分の2ぐらいは年収ベースだと1000万円以上となる。
1000万円が多いか少ないかはそれぞれの基準だし、労働時間から
すると僕は決して多いとは思えないが、平均賃金からすると
多いし、国民の大多数は1000万円なんてもらってないから高給取り
と言ってもよいと思う。

ただ、5分の2だと言った。
残りの5分の3はどうかとなると大体だが、400万~500万の間だ。

これはロースクールを出て司法試験に合格し、
何とか就職先を見つけたらどこかの事務所に入り一人前を目指すが、
そこの給料が大体400万程度、月給40万もらえると良い方なので
500万となる。

これはいくらなんでも少ないのではないか?と思うかもしれないが、
司法試験に通ったというだけで、全くの実務経験はゼロである。
当たり前と言えば当たり前だ。いきなり400万ももらえる新卒者や
業界を変えた転職者は居ない。それを考えればもらい過ぎと言ってもよい。

ただ現実問題、キャリアチェンジ組だと嫁さんや子供がいると
400万では恐らく今までの生活レベルを考えると大分落とさないといけないので、
もの凄く厳しいと思う。生活レベルは落とせないというのが現実だからだ。

リストラに遭った、会社が倒産したとかだと家も売り、車も売り、
というのを聞かないこともないが、そんなことではなく、
弁護士になったという世間体もあり、家を売るなんてできない。
ローンの支払いは苦しいし、子供の学費も段々払えない。
ローンプラス借り入れをすることになる。
奥さんも隣町に行って何やら働き出す。

だからこの状態をみて、裕福ではないと言えても、
食えないというのは嘘だというのがわかる。

そして悲しいかな能力差が歴然となるので、
弁護士事務所へ行ってもあまりぱっとしないとくびになる。

独立することになるが、パッとしない人が独立したって
パッとしないままだ。ここまで来ると本当に生活を全部見直さないと
苦しい。食えなくなるかもしれない。

弁護士は何でもありになり、司法書士業務や税理士業務、果ては行政書士
業務までやり出すのではないか?とこれも神話に近い話がある。

それぞれの職種はすることが違うので、いきなり弁護士が来ても
まず何もできない。そして司法試験より格下と思っていた士業の
方たちにまあ無茶苦茶言われるとプライドがずたずたになりもたない。

実態はこういうことだ。わざわざ調べなくても国選弁護人なんて
昔は鼻つまみにしていたものに列をなして並んでいるのを見ると
ああと思ってしまう。

そういう意味で賢いだけでなく、恥も外聞もない営業出身者か、
商才に元々長けていたり、嗅覚が鋭い人が仕事を片っ端から取っていく
という競争が始まっただけだ。