すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

経済をきちんと知るには

実は僕は成人になってからも
性風俗にはほとんど行ったことがない。

一度名古屋勤務の時にどうしてもついて来いと
言われて岐阜かどこかに行ったが、
何もせずに時間がくるのを待っていた。

ちょっとけっぺき症なことと、
我が国における娼婦という職業を
心底軽蔑している所が僕にはあるからだ。

ただ経済をきちんと知るには
「大体の物価知る」指標として
そういったある種のサービスを受ける値段というのは
重要だ。

石油は乱高下するし、肉や野菜の値段も大阪と東京では
違う。

賃金も最低賃金が各都道府県で違うように異なるので
共通の指標というのはたばこやらとなるようだ。
しかし、たばこには消費税以外の税金が含まれているし、
酒もディスカウントショップにいけばまったく異なる値段で
手に入るのであてにならない。

マクドナルドにおけるビックマック
娼婦を一晩(あるいは数時間か?)買うには
いくらかかるかというのは結構重要な指数であると
ほんまでっかに出ている門倉さんも言っていた気がする。

僕が調べた所、「大体大卒の初任給(税込)の1割が目安となる」

別に見るぐらいはタダなので興味のかけらもないがそういう
目でWeb見てみると確かに60分25000円程であった。

大卒の初任給は22万ぐらい、院卒だと24万ぐらいなので
ピタッと合う。

ビックマックの指数はマクドナルドの場合、
世界中の至る所にあるので、ビックマックがいくらか?というのが
その国の物価だけでなく「貨幣価値」も知ることができるようだ。

皆さんはそれほど意識していないかもしれないが、
特にアジア圏において絶対的に信頼度が高いお金は
アメリカドルと日本円である。強いて言えばユーロとなるが、
ユーロは実質ドイツだけで成り立っているようなものなので
イギリスがユーロ圏から抜けてからは、とにかくドルか円となっている。

中国の元なんてまったく信用されていない。

あなただって、例えば少しだけ何とか切り詰めて個人年金
かけようと思い立った場合、アメリカドルや豪州ドルにするだろう。

これからは経済力が日本よりずっと上になるので
「元」で運用とするだろうか。
※実際には元は国外には持ち出し禁止であるが、
 金融業には色んな抜け道がある。
 元での投資だって楽勝だ。

ほとんどしないと思う。

しかし、しないからこそ振れ幅が大きく
儲かる可能性があり、大損することだってあるのだが、
得体の知れない通貨を買うほど日本人は
お金に対して冒険心がない。

僕はだから今はつまらなくなったので、
見出しの記事や目次で日経新聞を買うか買わないか決めるが、
タウンワークはタダだしもらう。

色んな視点で見ると世の中にはこういう一端もあるのかと
面白くなる。

続 歯学部

医師と話をしたのは昨日のことであったと書いた。

僕は子供に歯について悩んで欲しくないため、
正治療を検討している。

ただ子供の母親は歯が丈夫で虫歯もほとんどない。
ちなみに同級生なので同じ40代半ばだ。

だから受験には熱心であっても、
歯の矯正治療をどうしたら良いかと言っても
優先順位が極めて低い。

閑話休題

西日本において私立の医学部を目指していたけれど
どうしようもない者は男子では歯学部に入れると書いた。

それは具体的には大阪歯科大学のことだ。
するとコメントの中に「おそらくpontaboxさんは関西の歯学部のことを
言っているであろうがそんなもんじゃない。」と書き込みがあった。

丁寧にリンク先も教えてくれた。
それが下の図だ。

f:id:pontabox_rikiyaband:20211129172121j:plain

目を疑うとはこのような時に使う。
福島県にある奥羽大学の歯学部とは一体なんなんだ?
偏差値が35というのはどうやったらそうなるんだ。

しかしバカチョンでも国家試験にさえ浮かれば歯科医になる。

では歯科医になるための国家試験合格率はどうか。

f:id:pontabox_rikiyaband:20211129172300j:plain

この全体(既卒も含むという意味と捉えていいと思う。)という中の
24.3%というのは何という状況だ。

「歯科医です。」という人からのコメントでは
こういう大学を出た者ほど高度な知識と経験と知見がいる
インプラント治療をやるという。

別にその人とはやり取りしているわけでなく、
一方的に書いてくるだけだが、
それにしても「酷い」の一言に尽きる。

奥羽大学歯学部か、、、
何があってもここの大学を卒業した歯科医には
検診さえやってもらいたくない。

虫歯を見落とすならともかく、
関係ない歯を削られそうだ。

医師と話して

親類に医師がいてるが
昨日割とじっくりと話す機会があった。


何十年ぶりかに合う親戚とあまり仕事の話をするものではないが、
やはり職業の特性上話題はそっちの方となる。

新型コロナ感染症に関する医療現場のしてのあり方を
一通り聞いた。ただそれは今までどこかしら、なにがしかの
形で見聞きをした内容だった。


話は尊厳死安楽死、延命治療という重たい話になった。
安楽死についてはわが国では認められていないので
医師として意見を求めるのは酷というものだ。


しかし延命治療、緊急時における対応については
やはり考えが「医師」という着眼点に基づいたものだった。


やはりプロは着眼点が違い、考えの深さが素人は全く違う。


彼は非常にわかりやすい例えを用いて具体的に話を始めた。

例えば85歳を超えてもヒマラヤ山脈などに登頂している
人がいる。その人が何からの理由で吐血や下血を起こし、
救急搬送されたとする。開腹手術が必要と判断した結果、
医師はどうするか。

当然処置を直ちに行う。
付き添ってきた配偶者や家族もそれを希望すると恐らく言うだろう。

一方で同じぐらい歳でこれまで何度も体調を崩し、
寿命が近い人が同じ状態で運ばれて来たとする。

医師としては問答無用で「同じ対応を前提とする」という。

但し、家族の付き添いがあり、それを拒否した場合、
積極的な治療を行わないケースはあり得るという。

何か当たり前のことを聞いているようでこれは奥深い。


ここからは僕の考えだ。

救急搬送されてきた「同じ状態の患者」をみて、
特に救急医が「この人のこれまで人生、今の生き方」を考えるだろうか。

まったくそんな素振りも見せないと思う。

レントゲンやCTを取った結果、本当に余命幾ばくも無い末期がんだと検査で
わかったならともかく、吐血、下血の症状で一刻を争う時にその人の人生を
考えている余裕なんてない。

目の前の患者を「とにかく救う」というのが救命医療だからだ。

そうしたら我々「治療を受ける側」はどうしたら良いのか?

「意思を表示するものを形として持っておく」ことしかない。

それには準備が必要だ。

あなたの保険証や運転免許証には臓器提供云々に関する記述があるだろう。
しかし「延命治療」「積極的治療」を望むかなどということはどこにも
書く場所がない。

これにもよく考えれば理由がある。「延命治療」とはどこからか、
「積極的治療」とは何かという線引きや思想が個人によってばらつきがあり、
また法で決められているわけでもないので、
そんなことを〇やら×で表記できるはずがない。

だったら一体どうしたら良いか。
僕が出した今の結論はこうだ。

つい先日僕より4歳年下のくせに親より先に死にさらした馬鹿たれのように
エンディングノート」を持つしかない。

それを家族に公表し、こうして欲しいと意思表示し、
紙で持ってもらうしか妙案が僕には思い浮かばない。

これは遺言書とは違い、法的拘束力を持つものではないが、
自分が意識を失った場合に意思を伝えられる最後の手段である。

僕は未だ40代前半でそんなエンディングノートなるものを
用意するなんざ、「アンタ、明日にでも首吊るつもりちゃうやろな?」と
直球を僕に対しては投げ続ける姉から言われるかもしれないが、
何歳であろうとそれは関係ない。いきなり今日交通事故に遭うかもしれない。
キチガイにいきなり背後から刺されるかもしれない。

確率は低そうで起こり得ない事実ではない。

大阪では今月だけで交通事故は2000件以上起きており、9人が亡くなっている。
死亡したら焼いて埋めるしかないが、その2000件のうち重傷者が何人までは
すぐにはわからない。

もしあなたが不幸にも事故に遭い、緊急搬送された場合、
周りの特に近い家族は狼狽し、冷静な判断もできない可能性が高い。

だから「死ぬ予定なんて全くない」状態であっても想定は必要なのだと
僕は思う。

あなたもこれを最後まで読んで頂いたのなら一度考えてみられては
いかがか。

伯父の裏技

父の兄の伯父とついこの間会って話した。

まあ昔から伯父は話し出すと独壇場となり、
まくし立てるように次々と話す。

これがつまらん話ではなく、10のうち2ぐらいは
興味があることやするどいことを言うのでつい聞いてしまう。

伯父は無職になってからは病院マニアになったようだ。
XXドックとなると自費診療になるで高くなる。

だからいわば嘘をついて腹の調子や胃の調子が悪いと言って
医者にかかると保険適用で内視鏡検査を受けられると。。。

そしてこの前はちっともそんな症状なんてないのに、
頭が少し痛い、寝起きにふらつく時があると言って脳外科に
行ったという。

脳ドックとなると4万円ぐらいかかるが、
ふらつく、眩暈がするとなるとこれも症状として
扱われMRI検査を保険適用で1割負担で受けることできたようだ。

それを聞いた父は本当に毎日、毎日鎮痛剤を服用する習慣が
母が知る限り結婚してからずっと続いているというから、
僕の姉が生まれる1年前からは少なくとも母が目視でき、
確実に「毎日、毎朝鎮痛剤を服用していた」となる。
姉は40代半ばであるからおおよそ四半世紀飲み続けていることになる。
是非とも脳を調べろと伯父から言われていた。

ただ息子の僕からすれば父は単なる軽度鎮痛剤中毒であるだけだ。

しかし毎朝一服飲む程度であるし、それをビタミン剤のごとく
毎日飲んで70代後半まで生きてきたのならもうそれで良い気がする。

ただ新型コロナ感染症が大流行りしていた時は
「朝の体温を測ってから飲むように」とお願いはした。

新型コロナ感染症は咳症状が主であるとされているが、
熱も出る。それを解熱鎮痛剤を習慣として飲んでいると
本来上がるはずの体温の上昇が薬で抑えられてしまい、
発見が遅れるケースがあると思ったからだ。

僕が真剣に言うと父はほぼきちんと聞く。
僕が調べ上げて言うことと、イラついて言うことの判別を
父は瞬時に判断できるため、これはということは即行動に移す。

それに「ごっつミーハー」だから、
オムロン製の血圧計
・同じくオムロン製の体温計
・看護師が医療現場で使うパルスオキシメーター
それを机に並べ、血圧やら血液の質をコントロールする薬を
山ほど処方されているが、それも毎日ノートにつけて服用している。

ただ、この前まではハッキリエース(鎮痛剤)、漢方の方が良いのではないか?
という僕の一時期の考え方を抜粋してしばらくは葛根湯を飲んでいたが、
効くはずがないので、臭い改源に変えたようだ。それを毎日飲んでいる。
母は「お父さんの飲んではる薬、くっさいねん!とまたカイゲン飲んだんやわ。」

この前はズボンのポケットに入れたまま洗濯機に入れてしまい、
服が全部カイゲン臭にまみれたという。

「洗いなおしたわ!」と母は言っていた。

そんなこんなで父は市内の脳外科を探し、
MRIをいつか撮りたいと思ったようだ。

しかし先述した通り、父はミーハーであるから
テレビ、鎮痛剤、仕事、パソコン以外はほとんど流行に
乗っているだけで熱が冷めるとどこ吹く風となる。

ここが伯父とは違う所だ。同じ祖母から生まれたが
こうも性格が違うかと思う。

そしてその話をあきれ返って聞いていた父の妹、
つまり叔母は昼食を済ませて1時間程度で「私、帰るわ。」と
そそくさと帰った。

おもしろい兄弟妹である。

性根は変わらない

人間の本質的な部分は3歳~5歳ぐらいから
ほとんど変わらない。

試しにあなたのお母さまがご存命なら聞いてみると良い。
僕の場合「あんたは5歳の頃からちっとも変っていない」と言われる。

僕を産み、40数年間ずっと見守ってもらい、
時には叱られ、時には情けないと嘆かれ、未だに心配をかける
愚かなる息子だが、一人できちんと生きていけるし、
誰かに何かを伝えることもできるようになってきた。

40を過ぎた頃から無欲ではないが、自分の欲求だけで
物事を考えることはほとんどなくなった。

ただ僕の場合、組織人としてはせいぜい1割ぐらいの人からし
理解されないという特徴がある。ちょっとアスペってる。

僕は嘘も何もなく、本当のことを言うと,
普通より少し知能が高い。IQの平均値は100で正規分布するが、
僕が30歳の時少し精神的に参った時に心理士が正確に僕の了承を得た上で
知能を測定した。

結果は125-130だった。むらが出ないように心理士によっては
3回ほど日の間隔を空けて行う。

その上でこの数値が出てから正確だと言って良いだろう。

しかし知能は学力と相関はあるが、完全に比例はしない。
またIQが高いというのは有能であるということでは決してない。

きちんと説明するとしたら得た知識や語彙の範疇を
時に超えて頭の中で処理するスピードが速いのが共通の特徴である気がする。

東京大学の学生の知能を測定すると平均値が普通より高いが、
東大生とて毎年卒業する人数は増えていく。減ることはない。

では東大卒の巣窟である、国Ⅰに受かりXX省に居る人たちは
優秀か。

実はほとんどの人が優秀である。
彼ら、彼女らは本当に有能な人が多い。

日本の超をつけてもよい優秀なシンクタンク
霞が関にあると言って良い。

ただ組織となるとどうか、皆さんが感じている通り、
プロセスをわざわざ複雑にして自分の保身をまず考える。

具体的には定年後に天下り先をより良い条件で確保しようとする我欲の塊である。

これは今は暴対法で大分崩されたが、アウトロー集団と本質は同じだ。

上層部にはどうしてその才能をそっちに向けたのか嘆くしかないような
賢い人が多い。これは以前書いたパレートの法則がどこの組織にも
あてはまるからだ。

医者だって同じ、弁護士だって同じ、凄いのは全体の20%、
後は屑もしくはそれに近い人である。

ただ屑であっても「超難関とされるハードルは超えた」上での
屑となる。

そこが朝から晩まで酒を飲んでいるゴミにもならん屑とは違うところだ。

話がそれたようだ。

人間は同じ所で躓くと書いた。
これは未成年の頃の集団においてリーダー格だったとか
参謀役だったとかがそのまま社会に出ても同じような位置づけになるのと
同じで、よほどのことがない限り、社会に出たらいきなり変わったなんて
ことはない。

だから人生は必然の蓄積以外の何ものでもない。


へっぽこが恐ろしく有能な人物となっていた。

恐らくあなたの同級生の中に聞けばとんでもない変身を遂げたとされる
人もいるだろう。しかしそれは何十年ぶりかに聞くその人の一部を抜粋しただけだ。

性根は変わらないから「優しい奴」はずっと優しいし、
「ずるい奴」は永遠にずるい。

そんなペラペラな装いは数時間、数日で全て見抜かれると思って良い。
特に女性の感はするどい。

本当に数秒以内で全部ばれると思っておいた方が良い。

またあなたが一度感じた性根が腐った奴は永遠に関わらない方が良い。

改心した、罪をつぐなった、今は違うといくら言っても根っこが一旦腐った奴は
よみがえることはない。失活歯と同じだ。

特に人を何かの形で傷つけた人間は永遠に幸福を得ることはない。
そいつは何とか逃げ切っても腐った遺伝子は子や孫に受け継がれる。

あなたが例えば今納得がいかないだけでなく、
害としか思えないような人の下で働かないといけない状態だとする。

そのような愚痴はしょっちゅう聞く。

ただ僕が言うのはいくら使命感があっても月に100時間を超える残業を行っている状態が
続いているとしたらそれは根っこが腐った組織に居る。

コロナ渦で患者のためにほぼ使命感で乗り切って来られた
医療従事者には感謝している。

しかしあのような働き方は続けられない。
人格が崩壊するぐらい追い詰められる。

だから性根が正常な者同士で工夫して
分担しなければならない。組織から分業をはく奪すると
何の意味もない。

使命感に燃える人も生き様をそう簡単に変えられない。
ずっと無理をし続けることになる。

正直者が損を感じだすとガタガタと崩れだす。
ずるく生きた方が得だと性根が腐りだす。

僕にはそういったことを変えてやろうとか、
一丁やったろか!という気がなくなる時があるが、
それでもどこかで諦めたくない気持ちがある。

そういう時間を毎日持つため、
僕は日本が2000年以上大事にしてきた
天皇、皇后両陛下の御写真と、日本国旗に
「どうかこのしょうもないしかし、陛下が大切にされる
 臣民を今日も一日見守って下さい。」と心から祈り、
家を出ることにしている。

地図を見なさい

子供には地理を学ぶ際に
必ず地図で確認するように言っている。

そこだけ拡大した教科書に出てくる地図ではだめだ。


もっとフォーカスを引いた地図。

メルカトル図法では大きさが一部無茶苦茶になるので
地球儀でも確認させている。

それを見ながら歴史も並行して学ぶと良い。
どこそこで何が採れる、何を栽培していると
呪文のごとく唱えて覚えるのも重要だ。

ただ同じ覚えるのならイメージがしやすいように
した方が絶対良い。

アフリカから奴隷船に黒人を乗せ、
鞭でしばきまくって綿を栽培させたのは
どういうルートで、何の目的でやったかの
理解が深まること間違いなし。

何だかんだアメリカ様の日本は
毛唐が行ってきた鬼畜の所業をもう一度学んでから
付き合い方を考えたら良い。


さてさて、下の地図を見ておくんなはれ。

f:id:pontabox_rikiyaband:20211126113837j:plain

いわゆる尖閣諸島をクローズアップしているグーグルアースでは
白い島になっており、僕が見た限り島の名前も書かれていない。


お花畑の山本太郎尖閣ぐらいやったら良いと
テレビで言った時があった。

関西ローカルテレビ、たかじんのそこまで言って委員会でた。
たかじんもその時は生きていた。

リベラルと名前を変えた左翼はこういうことを堂々と言う。
くれてやれとまでは言わないけれど話し合いで解決しろとほとんどの人がいう。

残念だがそれは狂った意見だ。ごろつき相手に理屈は通用しない。


中国は台湾への侵攻を恐らく十年以内に行う。
それは何もドンパチやるのではなく、ウイグルのように大量に人を
本土から送り込み、文化や制度を無茶苦茶に変えてしまう方法かもしれない。
台湾は漢民族が多いが福建省をルーツに持つ人が多く、文化も違うようだ。
そして何よりも民主主義がきちんと機能している。

民主主義は美しいだけではない。煩雑であり、プロセスを踏むには
時間がかかりすぎるという面ある。

それでも「人類史上一番マシ」という制度であると僕は思う。

日本の保守派も台湾が有事になるとアメリカ軍が出てきて中国軍と対峙すると
考えている人も多い。

しかしアメリカの実務部隊、具体的には海軍大将をはじめとする幹部は
超現実主義者である。

実際に部下を戦場に送るのは彼らの仕事だ。
すると今戦ったらどうなるか、その後はどうするかを入念にシミュレーションする。

僕が知る限り「負けはしないけれど勝てもしない」となっているはずだ。
あるいは負けると踏んでいる人も多い。


軍人はそんなあやふやな状態では突撃命令は普通出さない。
戦争は勝たないと意味がなく、負けるにしても負け方がある。

アフガンから引いたのは結局は損得勘定で油を取れると思ったけど
シェールオイルが出てきた。そしてイスラム社会で民主国家をつくろうとしたが
失敗だとわかった。オイル戦争ではやっぱり産油国国家に負けた。
そしてイスラム社会とりわけあの辺りでは民主主義は根付かないとわかったから引いたのだ。

全部損得勘定だ。

アメリカ軍は確かに強いが歴史的には局所戦に勝つことができない。
ベトナムもアフガンも負けはしないけど勝つことはできなかった。
これは結局負けたから出て行ったということだ。

それを踏まえてもう一度この地図を見て欲しい。
台湾の目と鼻の先に尖閣はある。

そこから石垣島宮古島、沖縄と続く。
船でもすぐ着くし、ジェット機ならあっという間だ。


ここに中国軍が空母を出して戦闘機を配置したら
どうなるか。僕が中国軍ならアメリカの出方をみて
一気に沖縄も取る計算をする。

領土を侵犯されるとは生きたまま焼かれる状態と
ほぼ同じだと思って良い。

ではどうしたら良いか。
武装するしかない。

かつてフビライハンが元寇として
日本に2回やって来た。

教科書では台風が吹いてモンゴル船は沈んだと
未だに教えている。たった数行で。
これはどこでもいいので自分が住む市区町村の公立学校の
教科書を見たら良い。本当にそう書いてある。

全然違う。百田尚樹が興奮していつも話すがあのおっさんの
言う事は話半分に聞いてりゃ良い。

だけど元寇に対する記述はほぼ正確で、
鎌倉武士が必死で戦い、水軍が闇討ちで襲い掛かって1回目は
帰らせ、今度は本気で軍隊を送ってきた元に対して数十キロの
石垣をつくり、これも死力を尽くして戦ったから今の日本は存在する。

あの時に侵略を許していたら今の日本は影も形もなかった。

だからと言って戦争をして解決したら良いとは言っていない。

ただキチガイが刃物で狙うのは自分より弱い女性、子供たちが
ほとんどだ。体格の良い、あるいは見た目がどチンピラには
かかってかない。

刃物をあっという間に取り上げられ、ねじ伏せられる格闘術や
武装解除を学んだ人には向かっていかない。

だから相手の出方を研究して、来るならこっちも必ず反撃すると
いう姿勢と実際に体勢を整えるのが本当に重要なのだ。

防衛費を削っているようでは話にならない。
使わなくて良かったねというのが国防のあり方だ。

同盟国であるアメリカと軍事的に対等に話をできる状態をまずは
つくることだ。
それではじめて国を守る、世界の秩序を自分たちなりに維持するには
どうしたら良いかを考えることができる。

悪漢に襲われた場合、警察に言うのは当然であるが、
危機が目の前に迫った場合、あるいは子供の命が危険にさらされた場合、
あなたも手段を選ばないだろう。それは緊急避難であり、正当防衛という
違う概念だとおっしゃるかもしれないが、そんなことでは子供は守れない。

どこに近づくと危ないから行くな、仮にキチガイが襲い掛かってきたら
その辺にある武器になるものはすべて使って迎え撃つしか方法はない。

つまり、国を守るとは自分の子供や自分自身を守ることと同じだ。

セルフレジ

実に便利だ。

100円のコーヒーを買うだけなのに
公共料金なのか通販の支払いなのか
伝票を山ほど出す人の後に並ぶとイラっとする
時がある。

その人は払うべきものを払っているだけだろうが、
こっちや後ろのおっさんは同じくコーヒーと
ファミマのアンパン、スポーツ新聞を持って
時計をちらちら見ている。

僕は早く出勤する習慣があるから良いものの
おっちゃんはぎりぎりなのか舌打ちさえしている。

ルフレジは商品だけ買う者には優れた機能を発揮する。
また感じの悪いコンビニ店員と関わらずに済む。

関西は大阪市内、関東ではほぼ全域でコンビニは
外人がほとんどだ。

しかも韓国や中国の人すらいない。
何か肌が黒くネパールとかスリランカとか
そういう感じである。

おもしろいのが名札に「日本語がほとんどわかりません」という
エクスキューズが貼ってある。

まあ何人でも良いが、最低限のコミュニケーションができない人を
接客業にか、、、と思ってしまう。

ルフレジも一店舗に1つではなく、3つぐらい置いて欲しい。
あれ?これどないやったか?と知らんかったら有人レジに並べよと
いうおばちゃんが「何回やってんねん?」と思う時がある。
「お兄ちゃん知ってはる?」関西のおばちゃんは知らん人でも
余裕のよっちゃんで話しかけてくる。

僕はある時期を境に同情とか変な親切心というものに「線を引く」ことに決めた。
キリがなくなるからだ。

子供が泣いており、保護者がいないとほぼ100%声をかける
老人に席を譲る
妊婦さんに配慮する
障がいをお持ちの方が明らかに困っている場合は声がけする

それ以外は無視としている。

はっきり言ってそれすらしない人間は腐っている。
杖をついた老人が目の前に居るのに優先座席で平気な顔して
スマホを触り続けるカス。

買いたての熱いコーヒーでも頭からかけてやりたい気分になる。

「強くなければ生きていけない、優しくなければ生きてる資格がない」