すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

増税はキチガイ

岸田とやらが次の総理候補に上がっている。

財務省に洗脳されたというか最初から脳がないカス。

消費税廃止など極左が耳障りの良いことよくいうが、
今だけは総論としてそれに乗りたい。

消費税を上げると福祉財源に回る。
こう洗脳され有権者の中で特に投票所へ行く人は
仕方がないかも?と思っている。

冗談じゃない。支那の疫病でへこんでいるのに
消費税を上げてどうする。

しかしこれは共産党やれいわとやらの
意味不明な集団に任せて良いのか、違う違う。

立憲どうとかなどは全員バッチを今すぐはずせ。

何故か、消費税増税を当時野党だった安部総裁に突き付けて、
じゃあ解散すると野田が言った。

一緒なんだ、増税に関するカス具合は。

では財源をどうしたら確保できるか?
必ずこう言い返すやつがいる。

そんなのわかるはずがない。
企業の内部留保に課税しろ、
市中に金をどんどん回せ、
一経済策としてはあり得るかもしれないが、
社会制度は実験できない、だけどやるなら今しかない。

消費税を制度を残して0%に一旦する。
そうすると個人の消費がどれだけ伸びるかを検証する。

有権者はそうしないと自民党よ、また野に下すぞと
脅しをかけるしかない。
自民党の中のまともな議員にかけるしかない。

他はカスか目立ちたがりの集まり、話にならん。

これでうまく行くかどうかはわからない。
反政府を主張する人たちはそれがまるで正解のように言うが、
何度もいうけれどやってみないと結果はわからない。

だけど今よりひどい状態はそうそう来ない。
東証一部企業の社員も公務員もいわゆる一般的な収入が上とされている人だって、
経済が回らなければ給料は減る、民間の給料が減ると数年後に公務員の給料も減る。

日本に数パーセントいるだけの金持ちでは支えられない。
金持ちは居て良い。贅沢三昧をしたって構わない。
だけど大部分の税を納めている庶民が税金も払えないような貧乏ったれに
なると、すねるか諦めて福祉にすがる非国民がたくさん増える。

福祉は富の再分配。この訳も何だかおかしい気がする。

富じゃない、少しずつを集めて貧乏や障がい者を救えというのが趣旨。
本来貧乏ったれや障がい者は競争社規では死ぬ。しかし福祉で助けるというのが近代国家が
考えた一番マシな方法。美しい話ではない。自分もそうなるかもしれないから、
払っておくね、でももしもの時にはお願いね、それがないと成り立たない。

金持ちが損だから外国へ逃げよう、また貧乏ったれの中のずるいやつは制度の
隙をついて朝から晩まで何をしてる。

夢を見るようなバブルは来ないかもしれないが、
経済を立て直す体制を整えない限りどうにもならない。

悪いが霞が関やその他公務員の頭は変えられない。
優秀な人ほど慎重になる。

変えるには変えて欲しいと願う有権者が自ら立ち上がるか、
そういう政治をする人を見つけて投票するしかない。

投票率が半分ぐらいではどうしようもない。

だから僕はいかなることを言っても投票に行かない人は
信用しない。