すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

師走

早いものでもう今年も1か月となった。
去年の今頃は会社からの指示により、
台湾に行く準備を進めていた。

日本は何かと緊急時に体制が取れない、
実行力がないと言われる。
確かにその通りだが、情報収集能力の
高さは民間人も含めてかなりの所までできている。

我が国を無茶苦茶に言う人がいるが、
「実行力のある人をあなた方は選んだのか?」と
問いたい。結局今のままが良いとか、自分が良ければ良いという
価値基準でやっていないかと。

台湾は12月の時点ではすでに武漢市から得体の知れない
ウイルスが出ている可能性ありとされており、
着々と実行に向けて準備を進めていた。
僕が行った時はちょうど台湾総統選挙真っただ中だったが、
この新型コロナが自国に持ち込まれるかもしれないとなった瞬間
(僕がちょうど日本に帰国したころ)には台湾では防護服を着た係員が
中国からの飛行機に乗り込んで検査していたという。

またオードリー・チャンなる天才・奇人がマスクの流通や
感染予測を正確に行い、台湾人は今でも「感染者数すら少ない」。

一方で「教育を止めてはいけない」「経済も回さないといけない」これも
同時にやってのけている。

細かく言えば台湾は人口が数千万人であるし、面積も小さい。
だけれども大くは山林であるから、北部や南部、中部の順に人が集中している。
その中で見えないウイルスと戦いながら、どさくさ紛れに台湾転覆を狙う
支那とも対峙しなければならない。

軍事的緊張状態が良いとは思わない。
日本のように常に平和であることは尊い

ただ平和、平和と言うだけならずっと戦後もやってきた。
世界情勢が大きく変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。
だけど最悪の事態を想定できているか、「とにかく実行ができるか」で
他と大きく差が出る。

まだ医療崩壊は起こっていない。
死者数も多くない。
評論家やコメンテーターは好き勝手に言うが、
少なくとも大阪の保健所の連携は他県も真似をした方が
良いというぐらい機能している。ただ十三市民病院や
その周りに借り上げた事実上の隔離施設はこの第三波で
明らかに慌ただしくなっている。
(事実確認は自分の目で見て肌感じた方が良い。
 邪魔にならないように歩いて回るぐらいはできる)

病気もそうだが、職業により、また職に就く段階で
影響を受ける人が多くなると自殺数が増えてしまう。
相関係数というが、1に近づくほど高くなる。
オイルショック以降の統計ではかなり正確な
数値が出ている。結果は先進国ではいまだ異常に多い。

経済を止めるか、病気を封じ込めるか、そのためには
国民にいくら配ったらいいか、、、
そういう議論もあるだろう。

また都市封鎖して強制的に外出禁止という案もあるだろう。
自粛という何だか意味のわからないことを言うのであれば、
聞いてられないという人の意見もちょっと聞いて回るぐらい
市会議員や衆参議員は地元の選挙区に帰って行ったら良い。

こんなのは正解がないから、最後は菅総理が「こうするんだ!」と
国民に石を投げられる覚悟でやるしかない。

ほとんどの日本人は(こういう時はなぜかろくでなしも含めて)それに
従う。

ここで初動で成功した台湾の例を出してきても意味がない。
もう起きたことに対して適応できることはない。

我が国の底力を見せつけて、街角に機関銃を構えた
機動隊員を配置しなくても、この国はびくともしないと
見せつけるぐらいの気迫でやって欲しい。

菅総理ではだめ、西村大臣では云々ではない、
今はこの人たちにやってもらうしかない。
そのために一国民である僕は一体何ができるのか、
どうやったら良い方向に向かうことができるのか2020年が終わるまで必死で考えたい。