すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

金はある所から取れ

当たり前の話だ。
無い所からは無理だ。

岸田内閣が世帯主の年収が
960万円以下の18歳以下の
国民に対して10万円を給付するといった。

まずケチ臭い。

18歳以下の人口が何人かご存じか。
2000万弱である。世帯主が960万以上ある家庭など
そうそうない。だから2千万×10万円を税金から出すと言ったに等しい。

もう勘が鋭い方はおわかりだろう。
選別が非常に煩雑だ。

しかも5万が現金で5万をクーポンにすると
どれだけ面倒なことをあえてするのかよくわからない。

岸田総理は10万円給付の時も最高30万と大盤振る舞いを言ったが、
それは収入に応じてと言っていた。
きちんと記録に残っている。

やっぱり財務省に洗脳されているのか弱みがあるのか
わからないけど経済効果は極めて限定的となろう。

安倍総理の時は屑の巣窟であるナマポにも10万をやった。
国民全員に10万を渡した。

どうだったか。色々いう人がいるが月別の消費額を見たらいい。
上がっている。

きちんと10万円を使った人が多い。
働かずしてのうのうと生きるナマポたちには臨時ボーナス。

この方が恐らく「経済効果としては上」ただ心情的に
「ナマポに配るとは何事だ!」となる。僕もそう思う。

僕が大学生の時はじめて経済学の話を聞いた。
冒頭教授が国の財源を一時的に増やすにはどうしたらよいかとの
質問に、イチびったアホが「国民から一人1000円ずつ出してもらったら良い。
そうすれば1億200万×1000円で、、、」

僕は経営学を先に学んでいたので「こいつはアホか?」と。
それは実質の税徴収と等しい以外に考えられない。
いつも以上に税を取られることを「増税」という。
訳も分からず1000円を取られたら景気が下がるのがわからんのか!
よー考えてみたら良い。

いつも700円、コンビニで何とか500円以内で昼食は済ませていたとしよう。
しかし出張に行った際、みんなでランチとなり、当然割り勘で1400円の昼飯を食べた。
そいつは次の日からどうするか、コンビニの500円を350円に減らす日を増やす。

能書きはわかった、僕の答えは何かであるが、
「金持ちに金を出させるしかない。」これを税金で取ろうとするから
アホらしくなる。金持ちを優遇させれば良い。飛行機ではビジネスやファーストに
乗る人は搭乗口が違う。機内のサービスも違う。

これを公共交通機関にも応用したらいい。
気分が悪いだろうが、新幹線のグリーンのような特別席を
一般車両にも設ける。身障者であろうとそこに入れるのは特権階級だけ。

金持ち専用道路も作ったらいい。

金持ちは惜しげもなくそういう所に金を払う。
使わない人もいるだろうけど。

本当の超金持ちが知り合いにいると前に書いたが、
そういう人は一周回って使わない。
クロックスを履いているし、GAPの服を一番よく着ている。

だけど中途半端な小金持ちはとにかくステータスを好む。
ちょっとだけいい車に乗り、いいスーツをきて、
時計を買って、こういう調子にのったやつから金を巻き上げるには
もっと調子に乗ってもらうしかない。

別に心でどう思ってようが構わない。
だけどこの人は自分とは乗っている車両が違うとか、
走っている道路が違うとすれば良い。

男は結構こういうことに弱い。
馬鹿だから。
僕は40数年間ずっと男をやってきているから
男の本質をよく知っている。

見栄っ張り、ええかっこしい、武勇伝大好き、
おだてられると弱い、お山の大将ごっこが好き、
これが老人になっても永遠続く。

ただそういういちびりに金を使ってもらうには
どうしたらいいか、何が売れるかを考えるのが
商売人だ。貧乏人相手に何を売っても儲けが知れている。

僕は営業職だったが、能力としては中の中以上はないと
自覚していた。
だから元々才能があるやつに勝つにはどうしたら良いかを
考えた。

結果は「訪問数を減らす」ことにした。

営業経験者は えっ??と思うだろう。

訪問数×商談数でしか結果は出ない。

だからどちらも大きい方が良いと絶対に
教えられたはずだ。

だけど僕はそれをしないことに決めた。
どうしたか、電話のアポ取りでとことんまで聞いた。
訪問を目的とするのではなく、買う確率が高い客だけ訪問する
それ以外は情報収集にあてた。

情報取集はアホはネットでやる。

僕は過去の紙台帳を引っ張り出してきて片っ端から
企業名と担当者をリストアップした。

あの面倒な口座開設がなくなる。
それに1回でも商売があったら何かしら向こうも
文句か久しぶりだなと言う。

その中で次に買うサイクルになっている企業を選別し、
ウチから買う可能性をそれも電話で聞いた。
それまでは資料さえ書かなかった。

最初は営業のくせに会社に居てなんや?と
なじられたが、結果が出だしたし、突き刺さる
資料やプレゼンの仕方を並行して習ったので
ものすごい勝率となった。

結構できる営業も含めて「行きやすい所に訪問する」癖が必ずある。
別にそれで買ってくれたら良いが、買わない時は行っても仕方がない。
ご挨拶ぐらいはしたらいい。

結局のところ、話は題名に尽きる。
ある所に行って取って来いとなる。
それをいかに正確につかむか、自分の能力で落とせるのか
どうかをきちんと判断することだ。

凡人がトップになるには工夫するしかない。
トップ営業の真似をしても勝てない。

ただどれだけ情報を集めてもシーソーゲームのように
ギッコンバッタンとなっていたので、「やっぱりセンスなし」と
僕は自分を見切った。本当に常勝する営業はずっと玉を持ち続けている。
ストックなのかわざと時期をずらしているのかわからないが才能だと思う。