すくすく連絡帳

メモ代わりの日記です

続 歯学部

医師と話をしたのは昨日のことであったと書いた。

僕は子供に歯について悩んで欲しくないため、
正治療を検討している。

ただ子供の母親は歯が丈夫で虫歯もほとんどない。
ちなみに同級生なので同じ40代半ばだ。

だから受験には熱心であっても、
歯の矯正治療をどうしたら良いかと言っても
優先順位が極めて低い。

閑話休題

西日本において私立の医学部を目指していたけれど
どうしようもない者は男子では歯学部に入れると書いた。

それは具体的には大阪歯科大学のことだ。
するとコメントの中に「おそらくpontaboxさんは関西の歯学部のことを
言っているであろうがそんなもんじゃない。」と書き込みがあった。

丁寧にリンク先も教えてくれた。
それが下の図だ。

f:id:pontabox_rikiyaband:20211129172121j:plain

目を疑うとはこのような時に使う。
福島県にある奥羽大学の歯学部とは一体なんなんだ?
偏差値が35というのはどうやったらそうなるんだ。

しかしバカチョンでも国家試験にさえ浮かれば歯科医になる。

では歯科医になるための国家試験合格率はどうか。

f:id:pontabox_rikiyaband:20211129172300j:plain

この全体(既卒も含むという意味と捉えていいと思う。)という中の
24.3%というのは何という状況だ。

「歯科医です。」という人からのコメントでは
こういう大学を出た者ほど高度な知識と経験と知見がいる
インプラント治療をやるという。

別にその人とはやり取りしているわけでなく、
一方的に書いてくるだけだが、
それにしても「酷い」の一言に尽きる。

奥羽大学歯学部か、、、
何があってもここの大学を卒業した歯科医には
検診さえやってもらいたくない。

虫歯を見落とすならともかく、
関係ない歯を削られそうだ。